京都市で不妊鍼灸・不妊治療・男性不妊症なら

SR鍼灸烏丸

〒604-8104 京都府京都市中京区木之下町299 Coto Glance 姉小路通 4B
(「烏丸御池駅・京都市役所前駅」 徒歩5分、「烏丸駅」 徒歩10分)

診療時間
受付時間:10:00~21:00
定休日:水曜日    

お気軽にお問合せください

075-708-5532

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に対する鍼灸治療

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、ホルモンバランスが崩れることで排卵障害高アンドロゲン血症(血中の男性ホルモンが高値)が認められます。自覚症状は、月経周期の乱れ・にきび・多毛などがあります。

 妊娠を希望する場合は、まず初めにクロミフェンの内服により排卵を誘発することが行われますが、クロミフェンには内膜が薄くなる副作用があるため、ホルモンバランスを整えて排卵できる体作りを行うことが大切になってきます。

 PCOSに対する鍼灸治療の最新研究では、血中のホルモンバランスが整って卵胞の発育を促進させることが明らかとなっています。

 当院でもPCOS症例に鍼灸治療を行うことで、クロミフェンの内服をなくす、または内服量を減らすことが可能となっています。

お悩みの方はご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら

075-708-5532

受付時間:10:00~21:00

定休日:水曜日